【長女】中学受験をしないで高校トップ校を目指すの巻

小4秋に中学受験という存在を知り、1年ほど学校見学をしたり、塾の体験授業を受けたり、過去問を調査したり、先達のブログを読んだり。中学受験というものを調べまくった結果、長女は中学受験をしないことに決めました。

地方出身の母。都会の受験事情を知り、中学受験をすべきか悩むの巻

難関大学を目指してほしい

普通のサラリーマンで共働きの我が家。教育資金に余裕はありません

可能であれば、国公立の大学へ行ってくれると助かる。そして、どうせならレベルの高い大学へ行ってほしいのが親心

もちろん、本人にやりたい事ができて、夢に向かって進みたいなら、行先は自由です。大学に行かなくてもいいです。

ただし、なんとなく大学に行くなら、レベルの高いところを目指して最大限の努力をしてほしい

教育資金を捻り出すスポンサーとしての意見です。

トップレベルの高校に行く意味

南の小さな島出身のワタクシ。受験のことを調べ始めるまで、高校で使われている教科書には、レベル差があることを知りませんでした。いやホントに。

同時に、難関大学を目指すためには、トップレベルの高校に入る必要があることもわかっていませんでした

私ほど無知な人はいないと思いますが、ご存じない方はコレ読んでみてください。こういうことです。

低偏差値高では、3年間休まず学校に通っても、難関大を受験するための受験科目を履修できない学校も多い。理系なのに数ⅢCをやらない、センターで必要な数ⅡBすら全部やらない。低偏差値高から難関大を目指すには、高1の段階から予備校や塾に通うことが必須となる。

その他に必要となるのは、強靭な意志の強さ。低偏差値高ともなると、ほとんどの人が勉強や受験とは無縁の高校生活を送る。3年生になっても周りの友達がバイトや部活や遊びに明け暮れる中、そのような雰囲気に流されない強い意志がなければ厳しい。

それなりの大学を目指すのなら、少なくとも進学校に進学しておいた方が無難。ちなみに国立大を目指すのなら、偏差値65以上の公立高校に進学しておきたい。偏差値65程度の公立高からでも、半数以上は国公立に行けないのが現実なのだ。

慧真館

難関大学を目指すには偏差値の高い高校で、レベルの高い教科書を使って授業を受けて、同レベルのライバルと切磋琢磨する必要があるんですね。

小5長女の学習状況と学力

長女は、公文や英語、学習塾などのお勉強系の習い事に通ったことはありません。

家庭学習は小学校1年生からやっていました。
小1からZ会の通信教育(ハイレベルコース)を小4まで。毎月しっかり添削問題を提出していました。
小3ブンブンどりむも併用。文章を書くのが得意になりました。
小4から父塾で算数。母塾で国語と英語スタディサプリも使っています

家庭学習の目的は、しっかりとした基礎学力をつけること。

親塾では、学校範囲の苦手単元の復習・基礎の徹底をやっていた時期もありましたが、小学校の教科書よりは難しいレベルの問題に取り組んでいます

学校の成績は問題なし。委員会や応援団などに立候補したり、授業でも積極的に発言するタイプなので、通知表の評価も高いです。中学での内申点がとれるタイプだと思います。

このまま頑張れば、高校トップ校の可能性はあるのでは? 親の欲目かな(笑)

高校受験むけの塾にいれたい

地元の公立中学に行って、周りに流されて勉強しなくなっては困ります。切磋琢磨するレベルの高い仲間が欲しいです

それ以外にもいくつか理由があって

  • 親が丸つけするのが面倒
  • 親が教える時間が足りない
  • レベルに合った、良いテキストを探すのが大変
  • 反抗期になる前に他の先生にバトンタッチしたい
  • そろそろ親が関わらずに勉強してほしい

家勉をやめて塾に入れたくなってきました。

まとめ

中学受験をしないことに決めた長女。

難関大学を目指すため、高校はトップ校が目標です。

小学校の成績を見る限り、可能性はなくはない。

次のミッションは、高校受験に向けた良い塾を探す!です。

おすすめ記事

地方出身の母。都会の受験事情を知り、中学受験をすべきか悩むの巻

【小5冬】 高校トップ校を目指す塾探しの巻